[motocross] 2012 MFJ All Japan Championship Round 7 Kinki part 4

全日本モトクロス
2012年 第7戦 名阪スポーツランド
2012/9/8, 9

金網がない

ロードレースコースは、金網なしは危険すぎるので、激感エリア以外では金網越しに見えることが多い。そのため、撮影ポイントが限られる。モトクロスの場合は、コースが土でできているという性質上、ネットはあってもしっかりと固定した金網がない。たぶん、名阪スポーツランド以外のコースでも同じような状況ではないかと思う。素人なりに撮影できそうな場所が多いので、あちこち移動しながら大量に撮影した。

コースとパドックを結ぶトンネルの上でもし転倒があったら、このオフィシャルの方は避けようがないに違いない。そういう点ではロードレースよりもリスクが高いといえる。

トンネル。

トンネル。

予選日は人が少ないので、移動しながらあちこち試すにはちょうど良い。

フェンス沿いもゆとりがある

フェンス沿いもゆとりがある


他のクラスの練習走行を見に来る選手がたくさんいる。パドックとコースが近いのでちょっと見に行く感覚。LXクラスの選手たち。#14は西 翔子選手。

コースを見に来た選手たち

コースを見に来た選手たち


モトクロスのオフィシャルは、ロードコースのサーキットのそれとはかなり違う。マーシャル小屋はないので、コースサイドに立ち、交通整理をしたり、転倒の後始末をしたり、する。
オフィシャルさんたち、打ち合わせ中

オフィシャルさんたち、打ち合わせ中

[AD]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする