オフロードビレッジ

入間川沿いにあるダートコース。全日本モトクロスの関東大会が開催される。
オフロードビレッジ公式ページ

[AD]

電車・バスで行くオフロードビレッジ

関東にあるサーキットの中では公共交通機関を使って行きやすい便利な場所にある。
自分が行ったことがあるサーキット・コースの中では鈴鹿に次いで交通の便が良い。オフロードビレッジの次が1日1本のバスがサーキット内に来るツインリンクもてぎでしょうか。

横浜からだと、東急線、東京メトロ副都心線、東武東上線と乗り継いで川越まで。横浜-川越は1時間20分ほど。そこからバスで30分程度。

交通費は1300円(電車(約1000円)+バス(350円))程度。(2015年10月)

川越駅東口のバス乗り場7番から東武バスの上尾駅西口行きに乗ります。

東武バス

東武バス


川越06系統の上尾駅西口行きは1時間に1本しかないので、逆算して電車の時間を決めることが重要。
バス乗り場

バス乗り場


下車するのは入間大橋。
入間大橋バス停

入間大橋バス停


川越駅からのバスを降りて横断歩道で反対側にわたるとオフロードビレッジまでの坂道があります。
バス停からの坂道

坂道を下ると入口


自分の経験では午後3時台のバスは10分ほど遅れたことがありました。道路事情にもよりますが乗り遅れたと思っても少し待ってみるといいかもしれません。

川越行きの時刻表を見ると、1時間1本の川越行きの他に埼玉医大行きのバスがある時間帯があります。埼玉医大行きが来たらとりあえずこれに乗り、埼玉医大から川越行きに乗るという方法もあります。埼玉医大からは便数が多くなります。バス代は少し余計にかかるのですが、1時間待つよりはよいかもしれません。

川越行き時刻表

川越行き時刻表


入間大橋から乗った川越行きのバスはかなり空いてしましたが、埼玉医大で満員になりました。

入間大橋を渡ったところでバスから振り返ると川岸の臨時駐車場が見えました。

臨時駐車場

臨時駐車場

場内

トイレは下の画像にあるようなよくあるタイプの屋外トイレ(たぶん、全部そうだと思います)。4個並んでいる左端が女性専用になっています。手洗いは蛇口付きタンクでした。
一番左のトイレは車いす対応です。

トイレ

トイレはこんな感じです

[AD]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする