[motocross] 2012 MFJ All Japan Championship Round 7 Kinki part 5

全日本モトクロス
2012年 第7戦 メイハンスポーツランド
2012/9/8, 9

散水

レースの途中の昼休憩に散水車が出てコースに水まきをしていた。水はけの良い土質らしく、散水してもすぐに乾いて土ぼこりが立つ。

散水中

散水中

席取り

1コーナーを見下ろす丘のだんだんには椅子を置いてここで観戦する人達の席取りが始まっている。白い椅子は雨に備えてビニール袋をかぶせているもの。これを見て、レースアナウンサーさんが「さすが、みなさん慣れてますねえ」と感心していた。椅子の持ち込みは、非常識に広い場所を占有しない限り許可されているようだ。

コースサイド席

撮影風景

金網がないので、前列の場所を確保できれば脚立はいらない。後ろになると脚立があったほうがいい。ただし、その後ろの人たちにすごく邪魔になるだろうし、人ごみの中に脚立を立てることになるので危険。だから、脚立を持っている人はロードレースのサーキットよりもかなり少ない。

ヘアピンの出口の撮影スポット

マーシャルバイク

レースコースの安全を確認するマーシャルバイクは、レース走行の最終ライダーの後ろからコースインする。レースのしんがりを走るような感じになる。
名阪スポーツランドでは、クラシックバイクを使ったマーシャル走行をイベントとしてやっているらしく、決勝日は市販されなかった無限のモデル。ユニホームも昔の有名選手のものらしい。

このバイクはおそらくコレクターからの借り物で、壊してはいけない。だから、雨じゃなくてよかった、とのこと。

マーシャルバイク

マーシャルのゼッケンはO’MARA