[AD]

ツインリンクもてぎに電車バスで行くには

ツインリンク行バス乗り場

ツインリンク行バス乗り場

最寄りの電車の駅からはかなり遠いので、自動車、バイク、自転車などがないと行きづらいツインリンクもてぎですが、バスを使っていくことができます。

公共交通機関としては、路線バスがあります。

路線バス

ツインリンクもてぎには宇都宮と水戸から路線バスが一日一往復しています。どちらも基本的に土日のみです(需要に応じた臨時便はあります)。
水戸発は午前8:35。帰りはツインリンクもてぎ発16:00ごろ。運賃は1510円。
宇都宮発は午前8:59。帰りはツインリンクもてぎ発15:40ごろ。運賃は1540円。

どちらも乗車時間は約1時間半でした。

メインゲートのバス停に到着すると、係の人が待っていてそこで入場料を払うときと、そこからチケットセンターまで行って払うときと、そのまま入場できたこともありました。

茨城交通の割引き乗車券

茨城交通乗車券

茨城交通乗車券

水戸からのバス便には土日のみ発売の往復乗車券と入場券がバンドルになったセット乗車券があります。

路線バスの旅 ツインリンクもてぎ

しかし、このチケットは主要なレースイベントでは発売されません。全日本やMotoGP以外にもいくつか発売中止となるイベントはあるのですが、そのリストが公開されていません。窓口の係の人が何かを見て判断しているらしいです。
何もイベントがないと思って窓口に行ったら「発売してません」と言われたことがありました。そのときは通常料金で行くことになります。

発売窓口はツインリンク行のバス乗り場のすぐそば。このセット乗車券が使えればラッキーなので、窓口に行ってみるといいかもしれません。

臨時バス

全日本クラスやMotoGPなどでは、シャトルバスが宇都宮駅から運行されます。(MotoGPではほかの場所からのシャトルも運用されることがあります)
ツインリンクもてぎのウェブサイトで情報が出ますが、以下の茂木トラベルのリンクや電話での予約も可能です。

茂木トラベル

レースによって混み具合はさまざまで、満席のこともあれば一人で二人分の席を使っても余裕があるときもありました。
往路、帰路の片方だけの予約も可能で、空いていればコレクションホール前の乗り場でお金を払って乗ることもできます。一度、全日本ロードレースの帰路で補助席を使って満席で宇都宮まで帰ったことがありました。